2012年02月28日

【重要】遊戯王 公認大会規定変更のお知らせ

平素は格別のご高覧を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度『Duel Entrance』より皆様へのお知らせを、記事として投稿させて頂きます。

2012年3月1日より、「デュエリストキングトーナメント公認大会規定」に、以下の事項が追加されます。
◇使用するカードの言語について
--
海外発売のカードを使用する場合、事前に日本語版のテキストが確認できるもの(日本語版カードや、日本語版の効果を記載した用紙等)を準備し、効果を適切に説明できるようする。
またそれらを用意していない場合、そのカードをデュエルで使用する事はできない。
※携帯電話等の電子機器での表示、商品発売前に雑誌等に掲載されたカードの情報は無効とする。

--(公式HPより引用)--

この改訂の要点は以下の通りです。
1,日本語ではない言語のカードを使用する場合、それを適切に説明できる準備が必要となる。
 ・正確な手書きのメモ
 ・公式ホームページのルール&FAQ公式データベースからの印刷文書
 ・印刷が鮮明な日本語版カードのコピー
 ・ザ・ヴァリュアブル・ブック
 以上のメモのみが認められる。それ以外(携帯電話、wiki等の非公式サイトからの印刷、ゲームソフトなど)は認められない。
2,この準備が出来ていない場合、そのカードをデュエルで使用する事は出来ない。
3,電子機器等での表示することは禁止される。

2012年度の選考会予選期間も3月1日から始まりますので、公認大会に参加される方は準備をしておきましょう。
また、非公認大会では現在、海外版カード使用に関する判断が分かれています。
各大会における規定をしっかりと読んだ上で出場をご検討ください。


◇罰則誘導の禁止
--
なお公認大会規定・罰則規定は参加者に等しく適用され、与えられる物であり、
参加者は公認大会規定・罰則規定を利用した判定の申し立てをする、またはそれを誘導してはならない。

--(公式HPより引用)--

公認・非公認問わず、大会には罰則規定が予め用意されております。
それらはすべての人が公平で楽しくデュエルをするために設けられている内容であり、違反を行った該当者には等しく適用されるものです。
しかし、罰則が存在する事を根拠に、それを促して対戦相手の違反を煽るような事をしてはいけません。

公式ルールとしてこのように、紳士的ではないプレイヤーの行為に対して強い規定が設けられました。
これからも大会に参加されるプレイヤーの皆様は、対戦相手に思いやりのある対応を心がけて頂ければ幸いです。


◇隠蔽の禁止
反則・違反行為に、以下の内容が追加されました。
--
18.対戦中に物や体の一部などで故意にフィールド上、手札のカードを隠す。
--(公式HPより引用)--

手札は、テーブルよりも上の位置にしっかりと置き、カードの状態は常にお互いが確認できるようにして隠す事はしないようにしましょう。


◇ライフポイント筆記の義務化
--
9.ライフポイントの計算は、必ずお互いの分をメモ用紙に記録する。
--(公式HPより引用)--

ライフポイントは、自分の分だけでなく相手の分もメモ用紙に記録する事が義務付けられました。
お互いに筆記内容に誤りがないかどうかを確認しながら、ターンを進行していきましょう。


◇エキストラデュエルにおける先攻後攻の決定方法の明文化
--
1.「エキストラデュエル」→4ターンを実施。
 ※ライフポイントは8000から開始。先攻後攻はじゃんけんによって決定する。

--(公式HPより引用)--

デュエル開始前(デッキ調整時間中)に制限時間を迎えエキストラデュエルが適用される場合、
直前のデュエルの結果を問わず、先攻後攻はじゃんけんによって決定する事が正式に文章に掲載される事となりました。


◇デュエリストデバイスの機能について
--
※コイン・サイコロの判定、また効果処理のためのカウントを「デュエリストデバイス」の機能を使用して処理することを認める。
--(公式HPより引用)--

「デュエリストデバイス」の諸機能に関しては公式での使用推奨がなされていますが、
この機能を意図して操作する事が可能であるという疑いが持たれているため、
非公認大会での使用が許可されない場合がありますのでご注意下さい。


大多数の非公認大会では、公式の規則に準拠したフロアルールを設ける場合が多いです。
そのため3月1日より適用される上記の公認大会規定は、今後、非公認大会においても適用される可能性が大変高い事が予想されます。
海外版を使用されているプレイヤーの皆様におかれましては手間が増える事となりますが、
どのような年齢層の人が相手であっても円滑に対戦が進行できるようよりご配慮頂いた上で今後も遊戯王を楽しんで頂ければ幸いです。


筆:帝(福岡大規模非公認大会開催組織「TCS運営委員会」大会記録担当兼代表補佐)
posted by Ford at 02:12 | TrackBack(0) | 宣伝・告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック