2012年05月16日

【レポート】はねまんCS2012春(2012/3/24)

「東北にも遊戯王やってる人いるんですか?」
そんな冗談を、ある東北プレイヤーは遠征先で言われたそうです。
ですが、百聞は一見に如かずとは正にこの事。
和気藹々とゲームを楽しみ実力を醸成できる、確かな土壌がそこにはありました。

東北地方から、全国に知られる強豪が輩出される日も遠くないでしょう。
9/29(土)には初のチーム戦開催が決定した、同地におけるCSの走り「はねまんCS」をレポートします。
YAMAGATA.jpg


なぜ「はねまん」が「CS」か?

「はねまんCS2012春」ツアー!

おまけ−「はねまん」お宅訪問!&山形観光ミニガイド

--------
<特別協力>
合同会社はねまん(取材協力)
イシゴーさん(取材協力・寄稿)
Tetsuさん(取材協力)

<参考リンク>
【結果】はねまんCS2012春(2012/3/24)
Tetsuの日記(「━━━━体は札で出来ている。」内 大会レポート)
posted by Ford at 04:04 | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

【重要】「上野CS」における大会運営者の不正行為について

平素は格別のご高覧を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度『Duel Entrance』より皆様へのお知らせを、記事として投稿させて頂きます。

2011/11/13「第1回上野CS」
2011/12/11「第2回上野CS」
上記2大会において、大会運営者による悪質な不正行為が確認されました。


・不正内容
予選4回戦の終了後、運営側から、運営の知人であるプレイヤーに対して、予選ラウンドにおける成績の操作が持ちかけられた。
プレイヤー側はこれを受け入れ、結果として、
本来であれば決勝トーナメントに進出できない成績のプレイヤーが進出した。
及び、予選で3勝1敗のプレイヤーはオポーネントが低いと偽られて落選した。

・背景
上野CSは「関西のCSとの連動(交通費を補助しての招待)」を掲げているが、
そもそも「知人を優勝させて知人同士で関西旅行をする」という開催意図を含んでいた。

・補足
2012/1/25時点で、
連動を掲げる「関西のCS」については、上野CS側から関西側に具体的な開催案が伝えられていない。
及び、当ブログへの連絡時に「他の連動先」として名前が挙がった大会の主催者には、一切の連絡が行われていない。

以上を、上野CS主催であるX'masさんの事実確認を以て、
大会参加者および告知にあたって助力した当ブログに対する重大な背信行為とし、ここに公示します。


・公示後について
上野CSが今後開催される場合、運営体制の大幅な改善を求めます。
また、当ブログで掲載した他大会についても運営者による悪質な不正を確認した場合、公示を行っていきます。

最後に、非公認大会においては、プレイヤー側から要望があった場合、
・成績算出方法についての事前記載や説明
・成績の開示と説明
以上2点の実施が望ましいことを補足します。



本公示の掲載に伴い、当ブログをご利用頂いている皆様に多大なご心配をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます。
大多数の非公認大会では、プレイヤーが安心して試合を楽しめる環境作りが行われております。
当ブログも、そういった大会を支援するための紹介活動を続けていきます。
皆様におかれましては、今後とも気軽に非公認大会に参加し、遊戯王を楽しんで頂ければ幸いです。


(本公示を転載する場合「全文転載」または「一部転載であることを明記の上で記事URLの記載」をお願い致します)
posted by Ford at 01:38 | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

【レポート】東海CS2011秋季大会(2011/10/30)

トーナメントプレイヤーなら誰もが知る、CSの本家本元――東海チャンピオンシップ。
「Duelist King Tournament」とは、この大会が冠するサブタイトルです。
2011度の東海CSは、まさにこの名称を体現するかのようなイベントとなりました。
一大企画を祝して、ここにレポートを投稿します。
今回は東海CSの10年プレイヤーである漁火さんに依頼し、東海特殊制限での戦略指南を寄稿して頂きました。
こちらも是非あわせてお読み下さい。

決勝.jpg


東海CS2011秋季大会 イベントレポート

大会結果(東海CS公式サイト)/ 結果まとめ(Duel Entrace)

「東海ルール」攻略講座

--------
<特別協力>
東海組
ふにふにさん(撮影協力)
漁火さん(『「東海ルール」攻略講座』寄稿)
へーたさん(カバレージ取材協力)
posted by Ford at 03:37 | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

【レポート】プラクティス杯(9/11)

今年の9月は、昨今では珍しい非公認大会が関東を中心に多く開催されました。
共通する特徴は「低額の参加費」。
参加機会の提供を第一としたこれらには、上位賞品に予算を割けずとも多くの参加者が集まりました。
どれも特徴的な大会の中から、今回は「CSビギナー」に焦点を合わせた『プラクティス杯』を取り上げます。

top.jpg

【記事を読む】
posted by Ford at 00:20 | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

【レポート】第三回鷹の目杯(6/26)

いよいよもって、杜撰な運営や高額参加費が取り沙汰される大会が増えてきた昨今。
ユーザー数に比べてイベント供給が追いついていない現状では、悲しくも時代の流れと言えるでしょうか。
その流れに一石を投じるかのように現れたのが、『鷹の目杯』です。
感じられたのは、イベントを統括する意思。
「参加費無料」を掲げるこの大会には、無料にする理由があり、実現のための方法があり、低予算でも楽しんでもらうための趣向が凝らされていました。
主催者・SOTOさんのインタビューも交え、大会に込められた思いを明らかにします。

01 鷹の目.jpg


1,なぜ無料に?

2,どうやって無料に?

3,どんな大会?

4,参加者インタビュー

5,チャリティ

6,あとがき(寄稿)――「小額参加費のススメ」

--------

(よろしければ、本稿に対するご意見・ご感想を「duelentrance.ford@gmail.com」へお送り下さい。)
posted by Ford at 15:00 | TrackBack(0) | 文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。